« 一体全体チェリーさんのご主人は何歳になったんだ? | トップページ | 流行した植物標本の「ハーバリウム」と、折り紙と花を使った「着物ドール」をコラボさせた「着物ドールリウム」を生かしたオブジェ in 横浜市青葉区のフィリアホール »

1月 06, 2019

今年の干支のイノシシにスポットを当てた催し in よこはま動物園ズーラシア

で、餌やりが間近で見られるほか、園内のアマゾンセンターで行われている企画展ではイノシシの特徴について知ることができるんだって。でで、「飼育員のとっておきタイム」では、飼育員による餌やりが見学できるってことみたいで、普段は動きの少ないアカカワイノシシ3頭がサツマイモや小松菜がまかれる度に俊敏に動き回る姿が見られるようですぞ。ででで、企画展「亥(い)」ではアカカワイノシシを中心に紹介してんそうで、全身が赤茶色の毛で覆われ、耳先の長い飾り毛と背中の白いたてがみが特徴で「世界一美しいイノシシ」とも呼ばれているといい、名前が「赤いカワイノシシ」に由来していることや生態などについて、はく製やパネルなど約40点で展示しているんだと。そういえば、チェリーさんはまだイノシシを見たことがありませんな!「猛進」するくらいだから、もしかして獰猛なのかなあ?

|

« 一体全体チェリーさんのご主人は何歳になったんだ? | トップページ | 流行した植物標本の「ハーバリウム」と、折り紙と花を使った「着物ドール」をコラボさせた「着物ドールリウム」を生かしたオブジェ in 横浜市青葉区のフィリアホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の干支のイノシシにスポットを当てた催し in よこはま動物園ズーラシア:

« 一体全体チェリーさんのご主人は何歳になったんだ? | トップページ | 流行した植物標本の「ハーバリウム」と、折り紙と花を使った「着物ドール」をコラボさせた「着物ドールリウム」を生かしたオブジェ in 横浜市青葉区のフィリアホール »