« 徳川家康の外交顧問として活躍したイギリス人・ウィリアム・アダムズ(日本名・三浦按針)の業績を紹介する「第5回ANJINサミット」 in よこすか芸術劇場 | トップページ | 「パンフェス【同時開催】新米博覧会」が初開催 in そごう横浜店8階 »

10月 30, 2018

愛川町の宮ケ瀬ダムで夜間に水を放流する「ナイト放流」が実施

てなことで、昨年に続く2回目ってことみたいで、周辺がすっかり闇に包まれた午後7時、組曲「惑星」の「木星」に合わせてダムが青や紫でライトアップされてスタートしたみたいですぞ。でで、観客のみなさーんから70メートルほどの上に位置する二つの放流管から、大量の水が真っ白な奔流となって一気に流れ下り、約6分間のダイナミックな光景が堪能できたみたいですぞ。チェリーさんも見てみたーい!ででで、周囲には地元産物の屋台が並んだほか、津軽三味線やダンスショーといった催しも開催されたってことで、いやはや、いいですなあ。

|

« 徳川家康の外交顧問として活躍したイギリス人・ウィリアム・アダムズ(日本名・三浦按針)の業績を紹介する「第5回ANJINサミット」 in よこすか芸術劇場 | トップページ | 「パンフェス【同時開催】新米博覧会」が初開催 in そごう横浜店8階 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛川町の宮ケ瀬ダムで夜間に水を放流する「ナイト放流」が実施:

« 徳川家康の外交顧問として活躍したイギリス人・ウィリアム・アダムズ(日本名・三浦按針)の業績を紹介する「第5回ANJINサミット」 in よこすか芸術劇場 | トップページ | 「パンフェス【同時開催】新米博覧会」が初開催 in そごう横浜店8階 »