« 伊勢原市内で8月に早摘みされた青いミカンのリキュール「伊勢原生まれ みかんのお酒」 | トップページ | 徳川家康の外交顧問として活躍したイギリス人・ウィリアム・アダムズ(日本名・三浦按針)の業績を紹介する「第5回ANJINサミット」 in よこすか芸術劇場 »

10月 28, 2018

まち歩きをしながら趣のある陶芸品を見て楽しむ催し「大磯うつわの日」

でもって、8回目を迎える今年は、旧吉田茂邸や旧島村藤村邸のほか、工房やギャラリーなど計52会場で開催されてるみたいで、大磯町内外から参加した約100人の陶芸家のみなさーんらが腕を振るい、個性豊かな器やオブジェが各会場で展示、販売されてんだって。でで、日本三大俳諧道場として約300年の歴史を持つ鴫立庵(しぎたつあん)さーんでは「LOVE&PEACE」展と銘打ち、陶芸家白倉えみ巨匠ら3人のみなさーんの作品を展示してんそうで、和室や縁側に陶磁器や木工、生け花など計150点が並んでんだって。ででで、小磯の古民家では岡村朝子巨匠、友太郎巨匠の姉弟による「365日のうつわ展」が開催されてんそうで、使い勝手がいい!っていうのを追求した約500点が並んでんだと。まあ、まち歩きをしながら良い器に出会えればよいですな。ならば、チェリーさんのご主人も大きな「器」を求めに出かけたら?

|

« 伊勢原市内で8月に早摘みされた青いミカンのリキュール「伊勢原生まれ みかんのお酒」 | トップページ | 徳川家康の外交顧問として活躍したイギリス人・ウィリアム・アダムズ(日本名・三浦按針)の業績を紹介する「第5回ANJINサミット」 in よこすか芸術劇場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まち歩きをしながら趣のある陶芸品を見て楽しむ催し「大磯うつわの日」:

« 伊勢原市内で8月に早摘みされた青いミカンのリキュール「伊勢原生まれ みかんのお酒」 | トップページ | 徳川家康の外交顧問として活躍したイギリス人・ウィリアム・アダムズ(日本名・三浦按針)の業績を紹介する「第5回ANJINサミット」 in よこすか芸術劇場 »