« MM21地区にておそばとおでん? | トップページ | タクシーを呼べる笛「タクシーホイッスル」 preseted by 三和交通さーん »

10月 24, 2018

アートを通じ、新潟と横浜を結ぶ「ひこばえ展」 in 横浜市港南区のギャラリー「CoZAの間」

で、新潟県十日町市の版画家、尾身伝吉巨匠の素朴な作品が雪国の情緒を伝えてんみたいですぞ。でで、ひこばえ展は、23日で発生から14年となった新潟県中越地震の復興支援として2005年にスタートしたそうで、被害の激しかった同県小千谷市出身で、このギャラリーを主宰する高橋みどり巨匠が、新潟ゆかりの作家に出品を呼び掛け、毎年内容を変えて開催を続けてんだって。ででで、これまでもたびたび協力してきた尾身巨匠みたいなんですけど、作品は故郷の四季が題材ってことで、春の越後三山や色彩豊かな秋の風景、雪深い集落などが描かれ、郷土に寄せる思いが伝わってくるってことみたいですぞ。芸術の秋ですからなあ。

|

« MM21地区にておそばとおでん? | トップページ | タクシーを呼べる笛「タクシーホイッスル」 preseted by 三和交通さーん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アートを通じ、新潟と横浜を結ぶ「ひこばえ展」 in 横浜市港南区のギャラリー「CoZAの間」:

« MM21地区にておそばとおでん? | トップページ | タクシーを呼べる笛「タクシーホイッスル」 preseted by 三和交通さーん »