« 活動休止中の5人組バンド「キンモクセイ」が10年ぶりに再集結 | トップページ | もうすっかり秋なのに夏休? »

10月 11, 2018

貧困に苦しむバングラデシュの女の子たちを支援しようと、「国際ガールズ・ウイーク」と題する活動 in 明治学院大学横浜キャンパス

でもって、どうやら今日11日の「国際ガールズ・デー」に合わせた取り組みってことみたいで、学内のカフェでピンク・レモネードを販売して、売上金の一部を支援団体の「少数民族の女性たちの収入アップ」プロジェクトに寄付するってことなんだと。これを機会に考えなければいけませんな!でで、ボランティアの学生さーん約30人が携わってんそうで、気軽に購入してもらいたいとレモネードは1杯150円に設定したってことですぞ。ででで、購入者のみなさーんがメッセージを書き込めるカードをカップに付け、世界の女の子たちに向けたメッセージも募っているってことなんですけど、もらった方は日本語、わかるのかなあ?まあ、「思い」が伝わればいいのかな。明日12日までの5日間で250杯の販売が目標ってことなんで、陰ながらチェリーさんもさくらっちも応援してまーす!

|

« 活動休止中の5人組バンド「キンモクセイ」が10年ぶりに再集結 | トップページ | もうすっかり秋なのに夏休? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貧困に苦しむバングラデシュの女の子たちを支援しようと、「国際ガールズ・ウイーク」と題する活動 in 明治学院大学横浜キャンパス:

« 活動休止中の5人組バンド「キンモクセイ」が10年ぶりに再集結 | トップページ | もうすっかり秋なのに夏休? »