« まち歩きをしながら趣のある陶芸品を見て楽しむ催し「大磯うつわの日」 | トップページ | 愛川町の宮ケ瀬ダムで夜間に水を放流する「ナイト放流」が実施 »

10月 29, 2018

徳川家康の外交顧問として活躍したイギリス人・ウィリアム・アダムズ(日本名・三浦按針)の業績を紹介する「第5回ANJINサミット」 in よこすか芸術劇場

で、横須賀、大分県臼杵、静岡県伊東、長崎県平戸の按針ゆかりの4市で構成する連絡協議会の主催ってことで、トークセッションでは、徳川宗家18代当主・徳川恒孝巨匠と按針の菩提(ぼだい)寺である浄土寺の住職・逸見道郎巨匠が人物像や魅力などを語り合ったってことですぞ。でで、なぜ、このお二人、意気投合したのかなあ?そーんなことも話し合われたみたいですぞ。ででで、家康と按針を題材とした大河ドラマ化をNHKへ要望してんみたいで、ずいぶん力が入ってますなあ。

|

« まち歩きをしながら趣のある陶芸品を見て楽しむ催し「大磯うつわの日」 | トップページ | 愛川町の宮ケ瀬ダムで夜間に水を放流する「ナイト放流」が実施 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 徳川家康の外交顧問として活躍したイギリス人・ウィリアム・アダムズ(日本名・三浦按針)の業績を紹介する「第5回ANJINサミット」 in よこすか芸術劇場:

« まち歩きをしながら趣のある陶芸品を見て楽しむ催し「大磯うつわの日」 | トップページ | 愛川町の宮ケ瀬ダムで夜間に水を放流する「ナイト放流」が実施 »