« 「外郎売の口上大会」 in 小田原市本町の市民会館 | トップページ | 「ヨコスカ街なかミュージック」 »

8月 29, 2018

歌丸一門による「よこはまばし寄席」 in 7月2日に亡くなった落語家桂歌丸師匠の地元、横浜橋通商店街

で、没後初めての高座とあって、お弟子さーんのみなさーんたちは稽古を付けてもらった演目を披露したってことですぞ。でで、2番弟子の桂歌助師匠、3番弟子の桂歌若師匠らが高座を務めたってことで、歌助師匠は稽古の際に、歌丸師匠の前で落ちをかんだ苦い経験があるという演目「厩(うまや)火事」を披露し、ならばと歌若師匠は歌丸師匠のおはこ「壺算(つぼざん)」を演じたってことですぞ!笑っていいのやら、泣いてしまうのやら?ででで、だれが歌丸師匠の怪談噺を継ぐのかなあ?

|

« 「外郎売の口上大会」 in 小田原市本町の市民会館 | トップページ | 「ヨコスカ街なかミュージック」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌丸一門による「よこはまばし寄席」 in 7月2日に亡くなった落語家桂歌丸師匠の地元、横浜橋通商店街:

« 「外郎売の口上大会」 in 小田原市本町の市民会館 | トップページ | 「ヨコスカ街なかミュージック」 »