« 「温研」が「鶴」にて | トップページ | 夏ばて »

7月 10, 2018

地元の食材をふんだんに使ったメンチカツ「浪乗(なみのり)めんち」 presented by 綾瀬市の菓子店「おやつ工房麻の葉」

で、綾瀬市内の石仏を題材にしてるってことなんだと。でで、浪乗めんちは、高座豚や卵、塩こうじなど綾瀬市吉岡地区の食材を使用してるそうで、。油が酸化し臭みが出るメンチの弱点を克服しようと、吸油率の低いパン粉を用いているってことで肉が硬くなるのを防ぐためにメレンゲを加えているのも特徴なーんだって。そんなこんなで、まんじゅう型で、ひき肉に包まれたチーズがとろける様子を波のうねりに見立てて命名したみたいですぞ!ででで、 今回、住民のみなさーんがかつて雨乞いのために市内を流れる目久尻川に入水させたと伝えられる吉岡地区の石仏「浪乗不動」に焦点を当てたみたいですな。おいしいものを食べて、もっともっとよいところを知ろう!ってことですかな?

|

« 「温研」が「鶴」にて | トップページ | 夏ばて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地元の食材をふんだんに使ったメンチカツ「浪乗(なみのり)めんち」 presented by 綾瀬市の菓子店「おやつ工房麻の葉」:

« 「温研」が「鶴」にて | トップページ | 夏ばて »