« 秦野市曽屋の自然観察施設「くずはの家」のマスコットキャラクター「もりりん」が「LINE」のスタンプに | トップページ | 個性豊かなラーメン店が軒を連ねる「関内ラーメン横丁」 in JR関内駅前のセルテ6階 »

6月 15, 2018

“数え”で築88年を祝う「蔵まえ米寿祭」 in 「蔵まえギャラリー」

でもって、1931年に建てられた米穀店の建物を活用し、多様なアート作品などを発信しているってことなんですけど、商いに使われた品々を並べて「昭和の米屋」の店先を再現し、土間には往事の町並みを写した写真も展示してあるそうで、小上がりや奥の和室に上がることもできるんだと。でで、このギャラリー、2006年から、旧榎本米穀店の母屋と内蔵を借りて運営してきたみたいなんですけど、地元のみなさーんに親しんでもらいたいと「米屋の建物の米寿」で企画したってことなんだと。ででで、当時の商談の場で、神棚と金庫がある6畳の小上がりに帳場をつくり、古い帳簿や屋号入りちょうちん、升、ざるなども並べ、内蔵では「昭和の名作映画」、「レコードかふぇ」など日替わりイベント(有料)を開催するんだって。

|

« 秦野市曽屋の自然観察施設「くずはの家」のマスコットキャラクター「もりりん」が「LINE」のスタンプに | トップページ | 個性豊かなラーメン店が軒を連ねる「関内ラーメン横丁」 in JR関内駅前のセルテ6階 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “数え”で築88年を祝う「蔵まえ米寿祭」 in 「蔵まえギャラリー」:

« 秦野市曽屋の自然観察施設「くずはの家」のマスコットキャラクター「もりりん」が「LINE」のスタンプに | トップページ | 個性豊かなラーメン店が軒を連ねる「関内ラーメン横丁」 in JR関内駅前のセルテ6階 »