« “数え”で築88年を祝う「蔵まえ米寿祭」 in 「蔵まえギャラリー」 | トップページ | 相鉄線緑園都市駅のコンコースで流れている電車到着サイン音「アンダンテ」が環境デザイン賞を受賞 »

6月 16, 2018

個性豊かなラーメン店が軒を連ねる「関内ラーメン横丁」 in JR関内駅前のセルテ6階

てなことで、気鋭の店舗から老舗まで、「究極の一杯」を出す4店舗がそろったってことですぞ。でで、【「ナルトもメンマもないけれど」さーんは東急線元住吉駅前から移転してきたそうで、「塩ラーメン」みたいで、ならばと、「麺者 雄」さーんは東神奈川駅前から移転してきたそうで、「鶏白湯(パイタン)」ってことで、となれば、 「唐桃軒」さーんは伊勢佐木町から移転してきたそうで、自家製チャーシューが自慢ってことになり、そこまでいうならばと、「ほうきぼし」さーんは「汁なし担々麺」ってことなんだと。ででで、それぞれすごそうですけど、びなの方のラーメン横丁も頑張ってんのかなあ?  

|

« “数え”で築88年を祝う「蔵まえ米寿祭」 in 「蔵まえギャラリー」 | トップページ | 相鉄線緑園都市駅のコンコースで流れている電車到着サイン音「アンダンテ」が環境デザイン賞を受賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個性豊かなラーメン店が軒を連ねる「関内ラーメン横丁」 in JR関内駅前のセルテ6階:

« “数え”で築88年を祝う「蔵まえ米寿祭」 in 「蔵まえギャラリー」 | トップページ | 相鉄線緑園都市駅のコンコースで流れている電車到着サイン音「アンダンテ」が環境デザイン賞を受賞 »