« 横浜屈指の商店街イセザキ・モールで唯一の映画館「横浜ニューテアトル」が閉館 | トップページ | 認知症をテーマにしたブックフェア in 「くまざわ書店大船店」 »

5月 27, 2018

サラリーマンのイメージが強いビアガーデンが、変わり始めているそうですぞ!

で、まず、横浜高島屋さーんでは、新鮮な野菜を楽しめる「ファーマーズビアガーデン」がオープンしたってことで、豚肉やグリル野菜などのほか、2時間の飲み放題が付いて料金は3,980円ぐらいってことみたいで、プラス千円払うと、フレッシュフルーツを使ったサワーやノンアルコールカクテルも選べるプレミアム飲み放題っていうのもあるんだと。どうやら20~40代の若い女性のみなさーんをターゲットにしてるみたいですぞ!でで、つぎに、そごう横浜店さーんでは、「野菜を楽しむビューティービアガーデン」をテーマに実施してるみたいで、サラダバーは昨年の18品目から30品目に大幅に増やし、トルティーヤで野菜を巻いて食べるベジタコスや、好きなヨーグルト、果物などを容器に盛り付けてパフェを作れたり、楽しい食べ方を提案してるんだと。なんとも最大6時間の飲み放題、食べ放題で4,500円ぐらいってことで、ながーいですな。ででで、チェリーさんが考えるに、ならばビールは必要なのかなあ?

|

« 横浜屈指の商店街イセザキ・モールで唯一の映画館「横浜ニューテアトル」が閉館 | トップページ | 認知症をテーマにしたブックフェア in 「くまざわ書店大船店」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サラリーマンのイメージが強いビアガーデンが、変わり始めているそうですぞ!:

« 横浜屈指の商店街イセザキ・モールで唯一の映画館「横浜ニューテアトル」が閉館 | トップページ | 認知症をテーマにしたブックフェア in 「くまざわ書店大船店」 »