« 葛飾は「しばまた」 | トップページ | 明治時代から昭和初期に使われていた生活用具を紹介する展示会「昔の道具」 in 大和市の里歴史資料館 »

2月 12, 2018

相模鉄道さーんが9年ぶりとなる新型車両「20000系」(10両編成)の営業運転を開始

でもって、横浜の海をイメージしたという濃紺の塗装が特徴みたいで、2022年度下期開業予定の東急線さーんとの直通線車両として、都内での認知度向上を目指すってことなんだと。でで、全車両に車いすやベビーカー用のスペースを設置し、一部の優先席は立ち座りがしやすいシートを取り入れるなど、利便性を高めたってことのようですぞ!となれば、明日、チェリーさんのご主人は乗ることができますかな?

|

« 葛飾は「しばまた」 | トップページ | 明治時代から昭和初期に使われていた生活用具を紹介する展示会「昔の道具」 in 大和市の里歴史資料館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相模鉄道さーんが9年ぶりとなる新型車両「20000系」(10両編成)の営業運転を開始:

« 葛飾は「しばまた」 | トップページ | 明治時代から昭和初期に使われていた生活用具を紹介する展示会「昔の道具」 in 大和市の里歴史資料館 »