« 明治時代から昭和初期に使われていた生活用具を紹介する展示会「昔の道具」 in 大和市の里歴史資料館 | トップページ | チェリーさんのご主人のバレンタイン・デー »

2月 14, 2018

フェリス女学院大の学生グループのみなさーんらによる文学作品の朗読会 in 神奈川近代文学館ホール

で、学生のみなさーんの読書への関心を高めるこの大学の「読書運動プロジェクト」の一環ってことのようで、聞いてるみなさーんを物語の世界に引き込んでいたってことですぞ。うっとり?って感じですかなあ。でで、なんと!今回で8回目となる今年は、さまざまな分野で活躍する現代女性作家のみなさーんの作品に焦点を当てたってことなんだと。ででで、学生8人のみなさーんは安東みきえ巨匠作「マーブルクッキー」と角田光代巨匠作「名前」に挑戦し、となれば、 OGでつくる朗読サークル「すずの音」のメンバー7人のみなさーんは、ほしおさなえ巨匠作「ちょうちょうの朗読会」と佐野洋子巨匠作「100万回生きたねこ」を披露したってことで、チェリーさんも聞いてみたかったですなあ。ちなみに、チェリーさんのご主人も積ん読書だけは好きみたいですぞ!

|

« 明治時代から昭和初期に使われていた生活用具を紹介する展示会「昔の道具」 in 大和市の里歴史資料館 | トップページ | チェリーさんのご主人のバレンタイン・デー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェリス女学院大の学生グループのみなさーんらによる文学作品の朗読会 in 神奈川近代文学館ホール:

« 明治時代から昭和初期に使われていた生活用具を紹介する展示会「昔の道具」 in 大和市の里歴史資料館 | トップページ | チェリーさんのご主人のバレンタイン・デー »