« クリスマスのキャラクターに扮(ふん)した新江ノ島水族館の生き物たち | トップページ | パッケージング工程を仮想体験できるVR(仮想現実)工場見学 presented by キリンビール横浜工場さーん »

12月 21, 2017

小田原市内の耕作放棄地を活用して生産された温州ミカンをもとにしたスパークリング酒「おひるねみかん酒スパークリング」

で、なんとも高齢化と担い手不足などにより、小田原市内の耕作放棄地は増加傾向にあるんだって。でで、今年に仕込んだ新酒で造った第2弾では、160本を販売するってことで、足を運んでもらうことで下曽我地域の活性化につなげようと、地元の内山商店さーんのみで販売するってことですぞ!ででで、砂糖を使っておらず、清涼感とまろやかな口当たりが魅力ってことみたいで、よってもって年末年始のおめでたい席で食前酒や食中酒に「お・す・す・め」ってことのようですな。まあ、とはいえ、飲みすぎにはご注意!

|

« クリスマスのキャラクターに扮(ふん)した新江ノ島水族館の生き物たち | トップページ | パッケージング工程を仮想体験できるVR(仮想現実)工場見学 presented by キリンビール横浜工場さーん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田原市内の耕作放棄地を活用して生産された温州ミカンをもとにしたスパークリング酒「おひるねみかん酒スパークリング」:

« クリスマスのキャラクターに扮(ふん)した新江ノ島水族館の生き物たち | トップページ | パッケージング工程を仮想体験できるVR(仮想現実)工場見学 presented by キリンビール横浜工場さーん »