« チェリー・クリスマース! | トップページ | 伊勢原市の運送会社「米盛運送」さーんに伊勢原市をPRするラッピングトラック »

12月 26, 2017

県立生命の星・地球博物館さーんが所蔵する70万点以上の標本・画像から、一風変わったエピソードを持つえりすぐりを紹介する「7つの“逸品”」

で、2階のミニ企画展示コーナーで開かれているってことのようで、「皇室ゆかり」、「(神奈川で)大発見」、「世界にひとつだけ」などと題してそれぞれの物語を添えて、カニや魚の標本、サルの頭部の化石、細密画など収集資料の実物が並んでんそうですな。なんかすごそう!でで、光を当てると劣化するため、通常は収蔵庫で保管されており、期間限定で特別公開してんだって。ででで、「皇室ゆかり」としては、昭和天皇が採集した「ヒメツバサコブシ」を、カニの研究で知られる酒井恒博士が描いたものが展示されてて、 「大発見」だと、愛川町で約300万年前の地層から1991年に発掘されたサルの頭の化石だとか、「世界にひとつだけ」では、同館の学芸員がマレーシアで1匹だけ採集し、後にシタビラメの仲間「トビササウシノシタ属」の新種と認められた世界唯一の標本を展示してるってことで、たいした、たまげた!

|

« チェリー・クリスマース! | トップページ | 伊勢原市の運送会社「米盛運送」さーんに伊勢原市をPRするラッピングトラック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県立生命の星・地球博物館さーんが所蔵する70万点以上の標本・画像から、一風変わったエピソードを持つえりすぐりを紹介する「7つの“逸品”」:

« チェリー・クリスマース! | トップページ | 伊勢原市の運送会社「米盛運送」さーんに伊勢原市をPRするラッピングトラック »