« みなとみらいにて加賀料理だー!、のこころだぁー! | トップページ | 新たな「温研」活動! »

11月 25, 2017

腸内環境を整える食物繊維の働きに着目してサツマイモ餡(あん)のどら焼きを考案 presented by 文教大学健康栄養学部の学生のみなさーん and 茅ヶ崎市内の和菓子店さーん

そんなこんなで、おいしいお菓子で健康に!ってことで、コラボレーションして商品化したそうで、ならばと、茅ケ崎駅ビルのラスカ茅ケ崎さーんで「お菓子de健康フェア」を開催しているようですぞ。でで、どら焼きのほか、野菜をアレンジした和菓子と大麦粉を使ったワッフルなど「腸活」「健康」をテーマに学生のみなさーんが考えたスイーツを販売してんだと。ででで、そのどら焼き、サツマイモの摂取と排便状況などに関する基礎研究っていうのを行った結果、 女性22人を被験者とし、1日にサツマイモ100グラムを摂取(食物繊維約3グラム相当)すると腸内環境が改善することが分かったってことで、とはいえ、 餡に芋100グラムは多過ぎるため、不足分を補うため食物繊維と同様に働く難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)を餡と皮に加え、1個で食物繊維3・8グラムが取れる「レジどら」を昨年に開発したってことですぞ!研究が活かされましたな!でもって、茅ヶ崎市内にて、アイスやワッフルを製造販売するプレンティーズさーんと、和菓子の湘南菓庵三鈴さーんの2社の協力も得て、どどどどーんと、商品化したってことなんだと。

|

« みなとみらいにて加賀料理だー!、のこころだぁー! | トップページ | 新たな「温研」活動! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腸内環境を整える食物繊維の働きに着目してサツマイモ餡(あん)のどら焼きを考案 presented by 文教大学健康栄養学部の学生のみなさーん and 茅ヶ崎市内の和菓子店さーん:

« みなとみらいにて加賀料理だー!、のこころだぁー! | トップページ | 新たな「温研」活動! »