« びなの駅間地区「ビナガーデンズ」で新たな商業施設「テラス」 | トップページ | 世界的な女性オペラ歌手、マリエッラ・デヴィーア巨匠による新進歌手の育成プログラムを実施し、その成果を競う公開オーディション »

11月 08, 2017

英国人の三浦按針(ウィリアム・アダムズ)の功績を紹介する冊子「青い目の侍 ANJIN」 by 市民団体「按針のまち 逸見を愛する会」

で、徳川家康さーんの外交顧問を務め、横須賀市・逸見地区に領地を与えられた方のようで、フルカラーのA5判16ページで、按針さーんの生涯や逸見の歴史を解説してあるってことで、按針さーんゆかりの地や、「どぶ板通り商店街」など周辺の観光スポットを案内した散策マップも掲載されてんだと。でで、按針さーんと家康さーんの出会いは、外国との付き合い方のケーススタディーになる?ってことで、もっともっと按針さーんとはどーんな方なのかを知ってほしいってことのようですぞ!ならば、チェリーさんも読んで勉強しますかな?

|

« びなの駅間地区「ビナガーデンズ」で新たな商業施設「テラス」 | トップページ | 世界的な女性オペラ歌手、マリエッラ・デヴィーア巨匠による新進歌手の育成プログラムを実施し、その成果を競う公開オーディション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英国人の三浦按針(ウィリアム・アダムズ)の功績を紹介する冊子「青い目の侍 ANJIN」 by 市民団体「按針のまち 逸見を愛する会」:

« びなの駅間地区「ビナガーデンズ」で新たな商業施設「テラス」 | トップページ | 世界的な女性オペラ歌手、マリエッラ・デヴィーア巨匠による新進歌手の育成プログラムを実施し、その成果を競う公開オーディション »