« 横浜高島屋さーんにてスーツを注文! | トップページ | 江戸時代の川崎・大師河原で行われた酒飲み合戦を再現する「水鳥(すいちょう)の祭」 in 川崎大師平間寺など »

10月 16, 2017

開成町さーんの地下水を活用した、ご当地サイダー

で、どうやら町の地下水は炭酸やミネラル成分などを含み、そのままでも水質が良好ってことみたいで、水道水として供給する際も、水道法で義務付けられた最低限の塩素を加えて浄化処理しているぐらいなんだと。でで、第5水源地でくみ上げられた水道水の原水を使い、10カ月ほどかけて商品化にこぎ着けたってことで、このサイダー、すっきりした味わいと適度な甘さが特徴で、ラムネっぽいんだって。ででで、サイダー越しにラベルをのぞくと、町のマスコットキャラクター「あじさいちゃん」がゆがんで見えるよう、ラベルに工夫を施してあるそうですぞ!どれどれ?

|

« 横浜高島屋さーんにてスーツを注文! | トップページ | 江戸時代の川崎・大師河原で行われた酒飲み合戦を再現する「水鳥(すいちょう)の祭」 in 川崎大師平間寺など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開成町さーんの地下水を活用した、ご当地サイダー:

« 横浜高島屋さーんにてスーツを注文! | トップページ | 江戸時代の川崎・大師河原で行われた酒飲み合戦を再現する「水鳥(すいちょう)の祭」 in 川崎大師平間寺など »