« 開成町さーんの地下水を活用した、ご当地サイダー | トップページ | 大井町産の地酒での乾杯を推進する協議会さーんがクラシックライブ in 井上酒造さーん »

10月 17, 2017

江戸時代の川崎・大師河原で行われた酒飲み合戦を再現する「水鳥(すいちょう)の祭」 in 川崎大師平間寺など

で、なーんとも23回目ってことみたいですな。 でで、大師河原を開拓した名主の池上太郎右衛門幸広巨匠とその一族14人と、江戸の医者で儒学者の茨木春朔巨匠と仲間16人が1649年に行った酒飲み合戦を再現したものってことみたいで、「酒」の文字が、「さんずい」と「とり」でできていることから、仮名草子「水鳥記」として記されているってことのようですな。ででで、地元の商店主さーんや信金職員さーんらが、川崎方と江戸方に扮(ふん)して同寺大山門下で対峙(たいじ)し、それぞれ大酒飲みを自慢する口上合戦を繰り広げた後、大きな杯に日本酒が注がれ、「吸い込め、吸い込め」の掛け声で一気に飲み干したそうなんですけど、体にはよくなさそうですぞ!お酒は味わって!

|

« 開成町さーんの地下水を活用した、ご当地サイダー | トップページ | 大井町産の地酒での乾杯を推進する協議会さーんがクラシックライブ in 井上酒造さーん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸時代の川崎・大師河原で行われた酒飲み合戦を再現する「水鳥(すいちょう)の祭」 in 川崎大師平間寺など:

« 開成町さーんの地下水を活用した、ご当地サイダー | トップページ | 大井町産の地酒での乾杯を推進する協議会さーんがクラシックライブ in 井上酒造さーん »