« 厚木伝統の味「とん漬」アイデア料理コンテスト in 厚木市の厚木ガスショールーム | トップページ | 川崎市南部学校給食センターさーんが本格稼働! »

9月 05, 2017

横浜市の戸塚消防署さーんと戸塚区福祉保健センターさーんが3歳児までの応急処置やけがを予防するための冊子「とっさにつかえる!救急あんしんBook」を発行

で、新生児ちゃんや乳幼児ちゃんを持つ保護者のみなさーんに急病時などの対応を知ってもらおうってことで、救急搬送で多いけがの予防や急病時の対応などを紹介してんだと。助かりますな。でで、チェリーさんが小耳にはさんだところによりますと、昨年1年間の救急搬送人員のうち7歳未満は全体の6.8%に当たり、7歳未満の搬送原因は、熱性けいれんやてんかん、腹痛などの急病や、転倒・転落、やけどなどのけがが多いってことみたいですぞ!よってもって、この冊子ではけが防止として、階段に柵をつける、ベランダに踏み台になるものを置かない、柔らかい布団や枕は使用しないなどの注意事項をイラスト付きで紹介してて、出血時や熱性けいれん、やけどの対応方法なども記してあるんだと。まあ、いざというときのために!ってことですな。チェリーさんちには、さくらっちのいざというときのための一冊はあるのかなあ?

|

« 厚木伝統の味「とん漬」アイデア料理コンテスト in 厚木市の厚木ガスショールーム | トップページ | 川崎市南部学校給食センターさーんが本格稼働! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜市の戸塚消防署さーんと戸塚区福祉保健センターさーんが3歳児までの応急処置やけがを予防するための冊子「とっさにつかえる!救急あんしんBook」を発行:

« 厚木伝統の味「とん漬」アイデア料理コンテスト in 厚木市の厚木ガスショールーム | トップページ | 川崎市南部学校給食センターさーんが本格稼働! »