« 明治期の浮世絵師・月岡芳年の作品を集めた「歴史×妖(あやかし)×芳年」 in 横浜市歴史博物館 | トップページ | 相模原市古民家園に夏季限定でオープンする「古民家カフェ」 »

8月 14, 2017

秦野市の介護付き有料老人ホーム「アプルール秦野」さーんの保護犬を引き取り、入所者に癒やしを与えるセラピー犬に育てる取り組み

でもって、この施設で飼育されているのは、いずれも女の子で、7歳のミニチュアダックスフントのルルちゃんと、生後8カ月の雑種ターチちゃんの2頭ってことで、ルルちゃんはっていうと、ブリーダーの繁殖用に飼育され、病気になって保護され、ターチはっていうと、野犬だったってことですぞ。でで、施設内にはドッグランを整備し、ドッグトレーナーの資格を持つ職員を採用し、6月に2頭を迎え入れ、ドッグランで散歩するなどして、訓練をし、2頭とも人に慣れているため、入所者と少しずつ触れ合う機会を設けている。万一の事故に対応するため、ペット保険にも加入しているってことですな。まあ、一生「犬」命ってことで?

|

« 明治期の浮世絵師・月岡芳年の作品を集めた「歴史×妖(あやかし)×芳年」 in 横浜市歴史博物館 | トップページ | 相模原市古民家園に夏季限定でオープンする「古民家カフェ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秦野市の介護付き有料老人ホーム「アプルール秦野」さーんの保護犬を引き取り、入所者に癒やしを与えるセラピー犬に育てる取り組み:

« 明治期の浮世絵師・月岡芳年の作品を集めた「歴史×妖(あやかし)×芳年」 in 横浜市歴史博物館 | トップページ | 相模原市古民家園に夏季限定でオープンする「古民家カフェ」 »