« 平塚市内で活動している市民団体「フォーラム トンボの棲むまちづくり」さーんが、「ひらつかトンボ入門図鑑」を作成 | トップページ | 川崎市上下水道局のマンホールのふたのコレクションカード「マンホールカード」 »

7月 26, 2017

紙で本物そっくりに作った自動車や鉄道、ロボットなどの精密模型の展示会 in 秦野市のギャラリーcafe月の輪

で、秦野市内在住のペーパークラフト作家のかじわらみきお巨匠の初めての個展ってことで、約20年のキャリアの中で制作した約50点が展示されているんだと。たいした、たまげた! でで、1枚の紙を切り、折ったり、のりで貼ったりして組み立てていくペーパークラフトってことなんですけど、巨匠の  作品はホビー商品として模型店で販売されるほか、自動車やプリンターの販売促進グッズに使われてるんだと。いやはや、ものすっごーい!ですな。ででで、とにもかくにも手作業で仕上げていき、一つの作品を制作するのに数カ月かかり、これまでの作品は合計で100点ほどってことで、10分の1ほどの大きさのF1のレーシングカーやクラシックカー、特に段ボールで制作した人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の初号機は高さ2・4メートルの迫力満点ってことで、もはや「紙」の域を脱して「神」のようなもんですな!

|

« 平塚市内で活動している市民団体「フォーラム トンボの棲むまちづくり」さーんが、「ひらつかトンボ入門図鑑」を作成 | トップページ | 川崎市上下水道局のマンホールのふたのコレクションカード「マンホールカード」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紙で本物そっくりに作った自動車や鉄道、ロボットなどの精密模型の展示会 in 秦野市のギャラリーcafe月の輪:

« 平塚市内で活動している市民団体「フォーラム トンボの棲むまちづくり」さーんが、「ひらつかトンボ入門図鑑」を作成 | トップページ | 川崎市上下水道局のマンホールのふたのコレクションカード「マンホールカード」 »