« 寒川町で有数の花見の名所となっている「さむかわ中央公園」で桜のライトアップ | トップページ | 1927年12月1日の開業当日に開かれた結婚披露宴で供されたフルコース料理を、節目を記念して復刻 »

3月 29, 2017

秦野市南矢名2丁目の「東海大学近道商店街」の市道階段に昇りエスカレーターが設置

でもって、東海大学湘南キャンパスへの通学路となってたみたいで、ということは、すけぼうも使ってたのかなあ?、急傾斜にあり、多くの学生が苦労して上ってきた“名物階段”ってことみたいですぞ。でで、旧階段は、高さ6メートルで30段、奥行きも9メートルと急で踊り場はなかったってことで、小田急線東海大学前駅からキャンパスへの近道で、1日の利用者は学生を中心に約12,000人もいるってことですぞ!「近道」とは若いうちから楽をしてはいけませんな。ででで、築60年ほどで老朽化し、大学がエスカレーター分の建設費を負担し、まあ、だいたいのエスカレーターの維持費は秦野市さーんの負担ってことで、ならば、学生さーんは勉強に専念!

|

« 寒川町で有数の花見の名所となっている「さむかわ中央公園」で桜のライトアップ | トップページ | 1927年12月1日の開業当日に開かれた結婚披露宴で供されたフルコース料理を、節目を記念して復刻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秦野市南矢名2丁目の「東海大学近道商店街」の市道階段に昇りエスカレーターが設置:

« 寒川町で有数の花見の名所となっている「さむかわ中央公園」で桜のライトアップ | トップページ | 1927年12月1日の開業当日に開かれた結婚披露宴で供されたフルコース料理を、節目を記念して復刻 »