« おもち | トップページ | 緑一色に染まるイベントのアイルランドの祭り「セントパトリックデー」のパレード in 元町ショッピングストリート »

3月 06, 2017

JA全農営農・技術センターさーんが開発した米「はるみ」が、日本穀物検定協会「2016年産米の食味ランキング」で最高評価の「特A」

でもって、県産米では初の快挙で、1回目のエントリーで頂点を極めたWサプライズってことで、コシヒカリとキヌヒカリを交配させ、「甘くてツヤがあり、冷えてもおいしい」にこだわり抜いた“幻の新品種”なんだって。でで、主に県央・湘南・県西地域で生産され、湘南の晴れた海をイメージして名付けられたのがこの「はるみ」ってことで、1995年に開発が始まり、十数年の試行錯誤を重ね、稲の丈が短く倒れにくい、収穫期の長雨でも穂発芽がしにくい、高温に強く品質が劣化しにくい-など、育てやすい特徴は生産者のみなさーんへの配慮でもあるみたいですぞ。が、 お墨付きが得られたことでより手に入りにくい状況にあるようですぞ!やっぱ、う「まい」んでしょうなあ。

|

« おもち | トップページ | 緑一色に染まるイベントのアイルランドの祭り「セントパトリックデー」のパレード in 元町ショッピングストリート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JA全農営農・技術センターさーんが開発した米「はるみ」が、日本穀物検定協会「2016年産米の食味ランキング」で最高評価の「特A」:

« おもち | トップページ | 緑一色に染まるイベントのアイルランドの祭り「セントパトリックデー」のパレード in 元町ショッピングストリート »