« 2018年3月に予定されている東名高速道路綾瀬スマートインターチェンジの開通を見据え | トップページ | おもち »

3月 04, 2017

周辺に並ぶ図書館や博物館の利用者からも、オアシスとして親しまれてきた、平塚市青少年会館の1階の軽食堂「たんぽぽ」さーんが3月末で半世紀近い歴史に幕を下ろしまーす!

で、家庭用のガスこんろや冷蔵庫、古びた換気扇…と、46年間使い続けた小銭入れがレジ代わりってことで、毎週月曜の定休日と夫の葬儀、台風接近日以外は休まずに営業を続け、気付けば46年が過ぎたってことなんで、本当にお疲れさまでした。でで、創業は1971年ってことで、県職員として13年目を迎えたころ、青少年会館に軽食堂出店の話を聞きつけ、一念発起し、独学のオリジナルレシピで、軽食から定食まで豊富なメニューを用意してくれたってことですぞ。すっごーい!ででで、人気だったのはホットドッグってことで、軽めに焼いたパンに薄切りキュウリと千切りキャベツで彩りと栄養を添え、赤いウインナーソーセージを挟んだころもあったそうですぞ!食べたーい! まあ、そんなこんなで閉店まで1カ月足らずなんですけど、昔どおりの味をふるまってほしいですぞ!ありがとうございまーす!

|

« 2018年3月に予定されている東名高速道路綾瀬スマートインターチェンジの開通を見据え | トップページ | おもち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 周辺に並ぶ図書館や博物館の利用者からも、オアシスとして親しまれてきた、平塚市青少年会館の1階の軽食堂「たんぽぽ」さーんが3月末で半世紀近い歴史に幕を下ろしまーす!:

« 2018年3月に予定されている東名高速道路綾瀬スマートインターチェンジの開通を見据え | トップページ | おもち »