« 長年、秦野市役所のシンボルとして愛されてきた本庁舎の展望室が撤去! | トップページ | 伊豆箱根鉄道の大雄山線開業90周年を記念し、かつて「赤電」として親しまれたベージュと朱色に塗装した電車が復刻! »

9月 23, 2016

「県立ひばりが丘学園」が来年4月に平塚市へ移転するんで、最後の学園祭「ひばり祭」

で、この学園は1949年7月、東日本初の公立知的障害児施設として設置されたってことで、短期入所や在宅サービスに関する相談に応じてきたんだと。でで、県の関連施設再編で統合、移転が決まったみたいで、現在約40人の児童が入所しており、来年4月からは全員が平塚の新施設に移るんだって。たいへんですなあ。 ででで、「これまでもこれからもありがとう」と銘打った最後のひばり祭は、80人程度のボランティアのみなさーんが手伝ってくれるそうで、入所児童が通う小中学校の児童生徒の演奏や地元の市民グループの和太鼓が披露されたり、模擬店も並び、小型無人機「ドローン」を使った記念撮影もするんだって。盛り上がっていこう!涙かな?

|

« 長年、秦野市役所のシンボルとして愛されてきた本庁舎の展望室が撤去! | トップページ | 伊豆箱根鉄道の大雄山線開業90周年を記念し、かつて「赤電」として親しまれたベージュと朱色に塗装した電車が復刻! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「県立ひばりが丘学園」が来年4月に平塚市へ移転するんで、最後の学園祭「ひばり祭」:

« 長年、秦野市役所のシンボルとして愛されてきた本庁舎の展望室が撤去! | トップページ | 伊豆箱根鉄道の大雄山線開業90周年を記念し、かつて「赤電」として親しまれたベージュと朱色に塗装した電車が復刻! »