« 横浜市男女共同参画推進協会さーんが男性のための電話相談を期間限定で開設 | トップページ | 熊本の郷土食を食べて被災地を応援しよう! in 横浜中央YMCA内のカフェテリア「エピキュア」 »

9月 14, 2016

楽しい移動手段」としての電動車いすを開発している横浜市鶴見区のベンチャー企業「WHILL(ウィル)」さーんが自動停止機能の実証実験 at 横浜港大さん橋国際客船ターミナル

そんなこんなで、18歳以上のみなさーんを対象に無料で試乗できるんだと。でで、2015年度グッドデザイン大賞に輝いた「WHILL Model A(ウィル モデルA)」2台を使用して、車体にセンサーを取り付けて障害物を検知する方法と、あらかじめ下り坂などにビーコンを置いて進入禁止にする方法で、自動停止の機能を確認するそうですな。ででで、障害者のみなさーんや高齢者のみなさーんが買い物や旅行などを自由に楽しめるパーソナルモビリティー(1人乗り移動機器)としての活用を目指してて、試乗は出入国ロビーを中心に15分程度ってことみたいですぞ!ならば、びなのまち中も、もっともっと段差をなくして走りやすくしてほしいですな!

|

« 横浜市男女共同参画推進協会さーんが男性のための電話相談を期間限定で開設 | トップページ | 熊本の郷土食を食べて被災地を応援しよう! in 横浜中央YMCA内のカフェテリア「エピキュア」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽しい移動手段」としての電動車いすを開発している横浜市鶴見区のベンチャー企業「WHILL(ウィル)」さーんが自動停止機能の実証実験 at 横浜港大さん橋国際客船ターミナル:

« 横浜市男女共同参画推進協会さーんが男性のための電話相談を期間限定で開設 | トップページ | 熊本の郷土食を食べて被災地を応援しよう! in 横浜中央YMCA内のカフェテリア「エピキュア」 »