« 神奈川新聞地区版の連載「東国武士の鑑・土肥実平」に加筆した冊子を刊行 | トップページ | なんかずいぶん暖かく »

5月 11, 2016

毎年7月に行われる「上溝夏祭り」で使われる最も古い神輿(みこし)が、34年ぶりに修繕・改修

で、相模原市中央区の上溝地区のことみたいなんですけど、まあ次代にしっかり継承しようってことなんですかな?でで、神輿は、幅約1.5メートル、高さ約2.5メートルってことで、江戸城を修理した宮大工の棟梁(とうりょう)の手により、江戸後期の1809年に制作されたと伝えられてんだと。   ででで、上溝祭りは市の六大観光行事として知られ、21基の神輿と8台の山車が勇壮さと華麗さを競い合うってことですぞ! よってもって、神輿は6月ごろ改修を終える予定なーんだって。楽しみですな。

|

« 神奈川新聞地区版の連載「東国武士の鑑・土肥実平」に加筆した冊子を刊行 | トップページ | なんかずいぶん暖かく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎年7月に行われる「上溝夏祭り」で使われる最も古い神輿(みこし)が、34年ぶりに修繕・改修:

« 神奈川新聞地区版の連載「東国武士の鑑・土肥実平」に加筆した冊子を刊行 | トップページ | なんかずいぶん暖かく »