« ゴールデンなウィークも終わり | トップページ | 毎年7月に行われる「上溝夏祭り」で使われる最も古い神輿(みこし)が、34年ぶりに修繕・改修 »

5月 10, 2016

神奈川新聞地区版の連載「東国武士の鑑・土肥実平」に加筆した冊子を刊行

でもって、鎌倉幕府を開いた源頼朝を支えた郷土の英雄なんだと。でで、連載は神奈川新聞社OBの浅田勁巨匠を筆者に昨年1~3月に掲載したってことで、石橋山合戦に敗れ、箱根山中に逃れた頼朝を守り、その後の合戦でも最前線で指揮した土肥実平の足跡をたどったってことですぞ!なかなか骨の折れることですな。ででで、 冊子は連載に加え、湯河原町史編纂(へんさん)委員の加藤雅喜巨匠が、地図や写真で実平への理解を深める丁寧な解説を付け、出雲千家家から実平の花押(サイン)の複写を提供されたことなど土肥会の活動も紹介してんだっって。なんとも オールカラーで、希望者には300円で販売してくれんそうですぞ!

|

« ゴールデンなウィークも終わり | トップページ | 毎年7月に行われる「上溝夏祭り」で使われる最も古い神輿(みこし)が、34年ぶりに修繕・改修 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川新聞地区版の連載「東国武士の鑑・土肥実平」に加筆した冊子を刊行:

« ゴールデンなウィークも終わり | トップページ | 毎年7月に行われる「上溝夏祭り」で使われる最も古い神輿(みこし)が、34年ぶりに修繕・改修 »