« 1月も終わり | トップページ | 2月2日は「夫婦の日」なのかなあ »

2月 01, 2016

昼の約40分間で料理レッスンとランチが楽しめ、夕飯用に1品を持ち帰ることができる講座「みなとみらいごはん部」

で、月に一度、横浜ランドマークタワーのシェアスペース「BUKATSUDO」で開かれてんそうで、近隣に勤務するみなさーん中心に20代から80代までの男女が参加してんだと。でで、2015年11月から開かれてんみたいで、「ごはん部」のレシピは毎回、講師の家庭料理研究家Kaori巨匠が、横浜産の季節の野菜をテーマに、自宅で応用しやすい常備菜1品と、それを使ったメニュー2品を考案してんそうで、この20日に開かれた3回目のレッスンでは、レンコンと鶏ひき肉などを塩こうじで炒めた「塩れんこん」をメーンに、これを使った「揚げないコロッケ」と「ライスサラダ」を作ったってことですな。ででで、できあがった料理はスープを添えて、参加者全員でランチとして楽しみ、常備菜約2人分は、持ち帰り用として別に用意されてんだって。なんかお得っぽいかなあ?

|

« 1月も終わり | トップページ | 2月2日は「夫婦の日」なのかなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼の約40分間で料理レッスンとランチが楽しめ、夕飯用に1品を持ち帰ることができる講座「みなとみらいごはん部」:

« 1月も終わり | トップページ | 2月2日は「夫婦の日」なのかなあ »