« 南武線の支線 | トップページ | 菜の花をイメージした新しい土産品「菜の花ラスク はるまち」 »

1月 23, 2016

箱根・芦ノ湖畔の箱根町港にオープンする新商業施設「茶屋本陣『畔(ほとり)屋』」

で、“和モダン”をイメージした施設で、施設があるのは、江戸時代の箱根関所周辺で、宿場町として栄えたエリアなんだと。でで、鉄骨造2階建てで、1階には地元の老舗店を中心に物販5店舗、2階には雄大な富士山や芦ノ湖を望むカフェが入るってことですな。たとえば、物販店では「鈴廣かまぼこ」が魚のすり身を使ったたこ焼き、「しいの」が「箱根七福漬」など、畔屋限定の商品も用意してんそうで、2階の「cafe KOMON『湖紋』」では、駿河湾で水揚げされた桜エビとシラスを使った「箱根八里丼」などがあるようですぞ。ででで、海賊船と箱根登山バスの乗り場をつなぐ重要な交通結節点ってことなんで、まあ、いつの時代にも要所ってことなんですな。

|

« 南武線の支線 | トップページ | 菜の花をイメージした新しい土産品「菜の花ラスク はるまち」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根・芦ノ湖畔の箱根町港にオープンする新商業施設「茶屋本陣『畔(ほとり)屋』」:

« 南武線の支線 | トップページ | 菜の花をイメージした新しい土産品「菜の花ラスク はるまち」 »