« 福袋 | トップページ | 仕事始め »

1月 03, 2016

相模原市立図書館さーんが、中身が分からない状態で本を貸し出す「としょかん福袋」

でもって、新年に、新たな本との出合いをってことで、この5日から用意するんだって。で、今回で5回目の取り組みってことのようで、前回は40セットを用意したそうなんですけど、なんとも貸し出し初日の午前中になくなっちゃったため、今回は60セットを用意したんだと。意外にもみーんな本好きなんですなあ。でで、問題の選書は同図書館の司書が担当するってことのようで、民間には委託しないんですな!ででで、福袋には「野球の名将かく語りき」、「いろいろな父親がいるのです」といったラベルが貼られ、このキャッチフレーズを手掛かりに選んで借りる仕組みなーんだって。てなことで、大人向けは2冊一組、子ども向けは3冊一組が1セットで、なくなり次第終了するってことですぞ!

|

« 福袋 | トップページ | 仕事始め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相模原市立図書館さーんが、中身が分からない状態で本を貸し出す「としょかん福袋」:

« 福袋 | トップページ | 仕事始め »