« 寒波 | トップページ | 今春開館予定の「ふじさわ宿交流館」で団体客向けに予約販売する「藤澤宿(ふじさわしゅく)御弁当(べんとう)」 »

1月 26, 2016

横浜をイメージしたフォント「濱明朝」

てなことで、さまざまな都市のイメージに合わせた書体(フォント)を開発しているタイププロジェクトさーんが2017年に発売すんだと。でで、「濱明朝」は、ほっそりした横画で港を往来するフェリーや水平線を、どっしりと太い縦画で海上から望む建築群をイメージさせる明朝体ってことで、縦画と横画の対比を際立たせることで、新しいものを取り入れる横浜の懐の深さを表現してんだと。ずいぶん奥深いですなあ。ででで、欧文では、浜風にはためく旗や錨(いかり)をイメージし、漢字との調和を考慮したモダンローマン体を採用してんだって。「フォント」のはなし。となると、次は「びなゴシック」の販売かな?

|

« 寒波 | トップページ | 今春開館予定の「ふじさわ宿交流館」で団体客向けに予約販売する「藤澤宿(ふじさわしゅく)御弁当(べんとう)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜をイメージしたフォント「濱明朝」:

« 寒波 | トップページ | 今春開館予定の「ふじさわ宿交流館」で団体客向けに予約販売する「藤澤宿(ふじさわしゅく)御弁当(べんとう)」 »