« 寒い雨 | トップページ | 副腎疲労? »

10月 12, 2015

1年半かけて作り上げた曲「笑顔の相武台」

てなことで、地域の活性化につなげようと、相模原市南区の相武台地区で住民有志らが手掛けたご当地ソングなんだと。で、現在約2万人が住む相武台地区は、江戸時代に畑として開墾され、戦前は陸軍士官学校が置かれ、まちづくりが始まったのは戦後からってことなんだと。でもって、昭和30~40年代に人口の流入が始まったってことみたいで、よってもって、相武台には住民すべてが親しめる歴史がなく、地域の目玉となる文化遺産や名所・旧跡もないんだって。びなとは違いますな。でで、ならばと、老若男女が楽しめる「みんなの歌」を作って地域を元気にしようと昨年2月に地元有志ら15人で制定委員会を結成し、歌詞を公募するとともに、地区内の小・中学校に協力を呼び掛けて相武台を象徴するキーワードを盛り込み、女子美術大学の学生さーんも加わり歌詞を完成させ、県立相模原青陵高校吹奏楽部の中西玲顧問に作曲を依頼したってことで、いろいろと盛り込みましたな。ででで、今後はヒップホップや盆踊り、カラオケバージョンに編曲して幅広い世代に広めていくんだと。ラップや演歌なんぞもあるといいですな。仲良く歌ってくださーい!

|

« 寒い雨 | トップページ | 副腎疲労? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1年半かけて作り上げた曲「笑顔の相武台」:

« 寒い雨 | トップページ | 副腎疲労? »