« 横浜市磯子区のカフェ「CAFE SMILE」さーんが関東学院大学人間環境学部の学生さーんらによるリニューアル作業を終えて再スタート! | トップページ | 地元特産の「津久井在来大豆」を使って今春に仕込んだみそを味見をするイベント »

10月 05, 2015

通学路の地下道を子どもたちの絵で彩る取り組み on 平塚市岡崎の岡崎地下道

でもって、トンネルアートで心もまちも明るくってことで、殺風景な壁に自然をテーマにした絵を描き、落書き防止にも役立てようと、6年間にわたり作業を続けてきたのが完成したようですぞ!おめでとうございまーす!でで、秋・冬を表現した壁画に描かれているのは、地元の田んぼや畑を飛び交うトンボ、雪だるまなど。近くの平塚市立岡崎小学校の児童たちが壁画の素材となる原画を提供して作業にも当たったってことですな。ででで、その岡崎地下道は、国道271号(小田原厚木道路)をくぐる市道の一部で、壁画を描く活動は、岡崎地区町内福祉村「おかざき鈴の里」さーんの見守り部会が地域住民や子どもたちに呼び掛け、2009年3月にスタートさせ、歩道部分の両側それぞれ200メートルに、6年間で少しずつ絵を描いてきたんだと。いやはや、小さいことからコツコツと!ってことですな!

|

« 横浜市磯子区のカフェ「CAFE SMILE」さーんが関東学院大学人間環境学部の学生さーんらによるリニューアル作業を終えて再スタート! | トップページ | 地元特産の「津久井在来大豆」を使って今春に仕込んだみそを味見をするイベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通学路の地下道を子どもたちの絵で彩る取り組み on 平塚市岡崎の岡崎地下道:

« 横浜市磯子区のカフェ「CAFE SMILE」さーんが関東学院大学人間環境学部の学生さーんらによるリニューアル作業を終えて再スタート! | トップページ | 地元特産の「津久井在来大豆」を使って今春に仕込んだみそを味見をするイベント »