« すっかり秋めいて | トップページ | 中秋の名月の27日、ほぼ「スーパームーン」の月 »

9月 28, 2015

鶴見大学先制医療研究センターさーんが歯科診療情報を一元的に管理するシステムの運用を開始

で、大規模災害時の身元確認に役立てようってことで、各地の歯科医師さーんたちの協力でデータを集め、管理するってことなんだと。でで、患者さーんの同意を前提に、歯科診療情報や歯型の画像情報などのデータを蓄積し管理し、大規模災害時には検索システムで該当者をおおまかに絞り込んだ上で、最終的には専門の歯科医師が照合して身元を特定するってことみたいですぞ!すっごーい!ででで、データを蓄積するサーバーは学内に設置するってことで、災害時には身元確認作業が行われる施設などのパソコンからもアクセス可能にするんだと。チェリーさんのご主人はちょくちょく歯医者さーんのところへ行ってますけど、チェリーさんとさくらっちは行ったことがないんで、データを取ってもらいますかな?が、「歯」はあったっけ?

|

« すっかり秋めいて | トップページ | 中秋の名月の27日、ほぼ「スーパームーン」の月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴見大学先制医療研究センターさーんが歯科診療情報を一元的に管理するシステムの運用を開始:

« すっかり秋めいて | トップページ | 中秋の名月の27日、ほぼ「スーパームーン」の月 »