« 師匠と先生がびなへやってきた! | トップページ | 江ノ島の神社へお参り »

9月 21, 2015

三浦市の菊名地区に伝わる民俗芸能「菊名の飴(あめ)屋踊り」を紹介する特別展 in 三崎の旧商家を活用した郷土資料館「チャッキラコ・三崎昭和館」

てなことで、県無形民俗文化財ってことみたいなんですけど、10月23日の本番を前に多くの人に興味を持ってもらおうと、この館が初めて企画したんだと。で、そもそも飴屋踊りは江戸時代に飴売りが客寄せのために街頭で踊ったのが始まりとされ、菊名では白山神社の奉納芸能として演じられてきたんだって。でで、この特別展は本番で使われる衣装や、かつらなどの小道具、中断前の写真など約100点が展示されてんようで、まあ、本番もぜひ見てほしいってことのPRですな。ででで、本番は午後7時から菊名区民会館(旧菊名児童会館)近くの特設舞台で行われるってことですぞ!「あめちゃんいる」!

|

« 師匠と先生がびなへやってきた! | トップページ | 江ノ島の神社へお参り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三浦市の菊名地区に伝わる民俗芸能「菊名の飴(あめ)屋踊り」を紹介する特別展 in 三崎の旧商家を活用した郷土資料館「チャッキラコ・三崎昭和館」:

« 師匠と先生がびなへやってきた! | トップページ | 江ノ島の神社へお参り »