« 創立125周年を記念して麻布大学が所蔵する動物の標本や家畜の模型などを集めた「いのちの博物館」 | トップページ | 藤沢市北部の「新産業の森」に進出の決まっていた電子回路基板製造業「アシストV」を、市企業立地促進条例に基づくロボット関連事業として認定 »

9月 17, 2015

「金属ノスタルジア展」 in 横浜市中区元町のギャラリー元町

てなことで、金属で身近な物を模して手作りしたアート作品を集めたってことで、金属造形作家の岩江圭祐巨匠が初めて開く個展なーんだと。で、鉄板や銅板を加工して作られた黒板消しや蚊取り線香、風船、手袋など多彩な十数点が並んでんそうで、イチョウの葉やマスクは本物と見まがう出来栄で、さび加工を施した蛇腹の空気入れは独特の存在感を放ってんそうですぞ!「アイアーン」!でで、いずれも実際に手に取り、質感や重さを感じることもできんそうで、鉄や銅は実は柔らかいのかも?なんちゃって!ならば、綿1キロと鉄1キロは、どっちが重いのかなあ?

|

« 創立125周年を記念して麻布大学が所蔵する動物の標本や家畜の模型などを集めた「いのちの博物館」 | トップページ | 藤沢市北部の「新産業の森」に進出の決まっていた電子回路基板製造業「アシストV」を、市企業立地促進条例に基づくロボット関連事業として認定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「金属ノスタルジア展」 in 横浜市中区元町のギャラリー元町:

« 創立125周年を記念して麻布大学が所蔵する動物の標本や家畜の模型などを集めた「いのちの博物館」 | トップページ | 藤沢市北部の「新産業の森」に進出の決まっていた電子回路基板製造業「アシストV」を、市企業立地促進条例に基づくロボット関連事業として認定 »