« 鉄道や自動車、艦船など働く乗り物に親しんでもらおうと「よこすかYYのりものフェスタ」 | トップページ | 着物に編み笠(がさ)姿の「しょうぶ娘」との記念撮影のイベント »

6月 16, 2015

自身の出産体験に基づき、産後も着られるマタニティードレスのブランド

で、逗子駅前に実店舗と、通信販売を受け付けるホームページを1月にオープンしたってことで、量産できず1着3万円台なーんだと。ずいぶん高価ですけど、ママさんにもおしゃれでいてほしいですな!でで、創業の原点は、既製品への物足りなさってことのようで、妊娠時に手を伸ばしたワンピースは、ゆったりした着心地の一方、「着太りして見えるのが気になったってことで、よってもって着たい服を着られず、外出を面倒に感じることもあったからなんだと。ででで、望む服がないならば自分でつくるってことで、こだわりは、あちこちにある。着太りして見えないよう縦のラインを強調するため、襟元は産後の授乳時にも便利なV字型にし、スカート丈は安全に配慮しつつ、くるぶしまでの長さにして優雅さも出るようにしてあるんだと。さらに、家事の時間短縮にもなる速乾性がある生地にし、肌を明るく見せるアイボリーや藍色の色合いにし、首元に縫い付けるのが一般的なブランドタグは着心地優先で取り付けず、子どもの誤飲を避けるためボタンを使わないってことで、徹底してますぞ!素敵に変身してくださーい!

|

« 鉄道や自動車、艦船など働く乗り物に親しんでもらおうと「よこすかYYのりものフェスタ」 | トップページ | 着物に編み笠(がさ)姿の「しょうぶ娘」との記念撮影のイベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自身の出産体験に基づき、産後も着られるマタニティードレスのブランド:

« 鉄道や自動車、艦船など働く乗り物に親しんでもらおうと「よこすかYYのりものフェスタ」 | トップページ | 着物に編み笠(がさ)姿の「しょうぶ娘」との記念撮影のイベント »