« 「氷川丸ものがたり」 | トップページ | 戦前に栄えた綱島温泉の名残を伝える横浜市港北区の温泉施設「東京園」が無期限休業 »

5月 16, 2015

よこはま動物園ズーラシアで4月に生まれたオナガザル科のフランソワルトンの赤ちゃんは「ココア」ちゃんに決定!

で、どうやらまだまだ母親のチョコさんから離れずにぴったりとくっついてんそうですな。可愛いですなあ。でで、フランソワルトン、っていうと「モレシャン」さんかなあと思っちゃうんですけど、は中国南部の一部からベトナム北部にかけて生息してんそうで、川に面した険しい岩山のある熱帯モンスーン林で暮らし、1匹の雄に対し複数の雌からなる群れをつくるんだと。うらやましいですぞ!ででで、全身は黒色でほおひげだけが白く、頭のてっぺんの毛が逆立っているユニークな外見、ってことで、デーモン閣下みたいですな!、が、赤ちゃんは全身がきれいなオレンジ色の毛に覆われて生まれ、生後半年ぐらいたつと徐々に親の毛の色と同じになるんだって。さくらっちの口ばしも産まれたころは黒かったんですけど、もうすっかり黄色になってて、思い出しますなあ。

|

« 「氷川丸ものがたり」 | トップページ | 戦前に栄えた綱島温泉の名残を伝える横浜市港北区の温泉施設「東京園」が無期限休業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よこはま動物園ズーラシアで4月に生まれたオナガザル科のフランソワルトンの赤ちゃんは「ココア」ちゃんに決定!:

« 「氷川丸ものがたり」 | トップページ | 戦前に栄えた綱島温泉の名残を伝える横浜市港北区の温泉施設「東京園」が無期限休業 »