« 県内全域がぽかぽか陽気 | トップページ | ♪まさかりかついで金太郎-でおなじみの童謡「金太郎」が、3月1日から大雄山線大雄山駅の駅メロに! »

2月 25, 2015

横浜・馬車道で1969年に創業した喫茶店「珈琲園 ともしび」が閉店

で、サイホンのまま提供するのがこだわりで、いれたての味を提供してきたそうなんですけど、入居するビルの解体が決まり、やむなく46年の歴史に幕を閉じちゃうんだと。寂しいですけど、お疲れさまでーす!でで、「ともしび」さーんは、馬車道の一角にひっそりとある、隠れ家のような喫茶店ってことで、ガス灯のようなレトロな照明と丸みを帯びた独特の書体の看板で親しまれてきたみたいなんですけど、ひっそりと本当に「かくれちゃう」ってことなんですな!ででで、店内には赤いじゅうたんが敷かれてて、チェコ製の豪華なシャンデリアがあって、重厚なクラッシック音楽が流れてんだと。こりゃぁ、落ち着きますな!でもって、なんといっても、こだわりは選び抜いたコーヒー豆を使うだけでなく、雑味の原因となるコーヒー豆の種皮を取り除くため、ミルにつなげる除去装置を独自に開発する徹底こだわりなんだと。へーぇ!!が、なんかここんところ馬車道辺りでは店じまいが多く、創業37年の中華料理店「福源楼」さーんだの、1931年創業の和洋創作レストラン「相生 馬車道本店」さーんだの、また、創業60年の喫茶店「ウィーン」さーんや57年間営業を続けてきたレストラン「ポニー」さーんだのはすでに閉店しちゃってるみたいだし?

|

« 県内全域がぽかぽか陽気 | トップページ | ♪まさかりかついで金太郎-でおなじみの童謡「金太郎」が、3月1日から大雄山線大雄山駅の駅メロに! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜・馬車道で1969年に創業した喫茶店「珈琲園 ともしび」が閉店:

« 県内全域がぽかぽか陽気 | トップページ | ♪まさかりかついで金太郎-でおなじみの童謡「金太郎」が、3月1日から大雄山線大雄山駅の駅メロに! »