« 船舶が混雑する東京湾口に新たな海上気象の観測点 | トップページ | 末広亭にて貴重な高座を拝見いたしました、のこころだーぁ! »

2月 14, 2015

厚木市で13日、竜巻とみられる突風が吹き、目撃情報を基に県西部に竜巻注意情報を発表

とにもかくにも気象庁の新しい発表体制による県内初のケースで、全国でも昨年の新潟に続いて2例目なんだと。で、チェリーさんが小耳にはさんだところを総合しますと、午後3時10分ごろ、厚木市長谷で強風が吹き、電柱から火花が散ってたようで、被害は東西約350メートル、南北約250メートルの範囲に広がって、住宅の窓ガラスや乗用車のガラス、倉庫の屋根の一部が破損したほか、倉庫脇の金網フェンスが約70メートルにわたって倒れちゃったものの、けが人はいなかったってことですから、よかった!でで、どうやら当時、厚木市周辺は日照で地表が温められ、上空に冷たい空気が入り込んで大気の状態が不安定になってたようで、が、まだ竜巻かどうかは分からないっていうんで、今日、被害状況などを調べて、そんでもってはっきりさせるのかなあ?ででで、気象庁さーんは昨年9月、竜巻の目撃情報を取り入れた竜巻注意情報の発表を開始したそうで、まあ、いち早く注意情報を発表することができ、ひとまずOK!

|

« 船舶が混雑する東京湾口に新たな海上気象の観測点 | トップページ | 末広亭にて貴重な高座を拝見いたしました、のこころだーぁ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厚木市で13日、竜巻とみられる突風が吹き、目撃情報を基に県西部に竜巻注意情報を発表:

« 船舶が混雑する東京湾口に新たな海上気象の観測点 | トップページ | 末広亭にて貴重な高座を拝見いたしました、のこころだーぁ! »