« ♪まさかりかついで金太郎-でおなじみの童謡「金太郎」が、3月1日から大雄山線大雄山駅の駅メロに! | トップページ | 伊勢原市の新しい「ウォーキングガイド」が完成 »

2月 27, 2015

「元町ショッピングストリート」の裏通りにあるチーズファンが集まる菓子店「横濱元町洋菓子研究所」

で、何やら難しそうなかんじもしますけど、昨年11月に開店したそうで、以来、1日3回焼き上がる、仏産のクリームチーズを使った「タルトフロマージュ」や、ポットパイのようなビジュアルが目をひく「ポ・ド・フロマージュ」、1日に50個しか販売しない消費期限が13時間の「マカロンフロマージュ」など、チーズを使ったスイーツを売ってんそうで、週末には300人が来店する繁盛ぶりなんだと。で、店で提供するメニュー、使う食器に至るまでアンケートを重ねて、できるだけ忠実に実行したようで、喫茶スペースは13席とこじんまりしているみたいなんですけど、知り合いの家に来たような安堵感をかもし出してんだと。ででで、同店としては、初めての、目下開催中のチャーミングセール参加を盛り上げようと、「ポ・ド・フロマージュ」の限定種「トリュフ入り」の販売を始めてんそうで、食べたら論文など書いて発表しないとだめなのかなあ?

|

« ♪まさかりかついで金太郎-でおなじみの童謡「金太郎」が、3月1日から大雄山線大雄山駅の駅メロに! | トップページ | 伊勢原市の新しい「ウォーキングガイド」が完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「元町ショッピングストリート」の裏通りにあるチーズファンが集まる菓子店「横濱元町洋菓子研究所」:

« ♪まさかりかついで金太郎-でおなじみの童謡「金太郎」が、3月1日から大雄山線大雄山駅の駅メロに! | トップページ | 伊勢原市の新しい「ウォーキングガイド」が完成 »