« お正月づかれはとれたかな? | トップページ | 小田急トラベルさーんが小田原と箱根湯本の両駅構内にある営業所で外貨両替サービスをスタート »

1月 15, 2015

平塚市さーんが卓越した技術を使って独自色ある製品を製造・販売している9店舗を「匠の店」として初認定

そんなわけで、今後は、認定店でプロならではのこつや知識をお客さーんたちに紹介する「まちゼミ」や、各店を巡るツアーを企画し、商業活性化につなげたいんだって。で、匠の店の条件はっていうと、(1)市内で10年以上営業を続けている、まあ地元密着ってことですな!、(2)伝統的な技や独自の技術・製品を店舗で公開してお客さーんたちに説明ができる、むむ?「説明責任」か?なんか違うなあ?、(3)後継者がいる、まあ後に残していかなくてはいけませんからな!、などってことみたいですぞ。でで、認定された9店舗はっていうと、肉の石川さーん、湘南いぶしさーん、荒井だるま屋さーん、高久製パンさーん、高橋履物店さーん、テーラー八田さーん、だるまや京染本店さーん、桝屋さーん、東曜印房さーんってことで、みーんなあわせて、おめでとうございまーす!

|

« お正月づかれはとれたかな? | トップページ | 小田急トラベルさーんが小田原と箱根湯本の両駅構内にある営業所で外貨両替サービスをスタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平塚市さーんが卓越した技術を使って独自色ある製品を製造・販売している9店舗を「匠の店」として初認定:

« お正月づかれはとれたかな? | トップページ | 小田急トラベルさーんが小田原と箱根湯本の両駅構内にある営業所で外貨両替サービスをスタート »