« 最も読みたくなった作品を選ぶ「神奈川本大賞」の第1回受賞作 | トップページ | 何か急に秋めいて »

9月 15, 2014

オリジナル地ビール「モトスミ・ブレーメンビアー」

で、モトスミ・ブレーメン通り商店街で販売されるってことみたいですな。でで、このビール、福島県・磐梯山の天然湧水と、ドイツ・フランケン地方のモルト、ホレダウ地方のホップを使い、飲み応えのある「ゴールデン・エンジェル」やスモーキーな香りの「ラオホ」、すっきりとした「ピルスナー」の3種類をそろえたってことですぞ!ででで、取り扱えるのはこの商店街振興組合加盟店のみのようで、飲食店では樽(たる)生ビールを、小売店では瓶ビールを、それぞれ来月5日から販売すんだって。ところで、なーんで元住吉さーんとドイツさーんとが結びついたんだろう?「どいつ」が縁結びをしたんだ!まあ、ビールでも飲んで考えましょう!

|

« 最も読みたくなった作品を選ぶ「神奈川本大賞」の第1回受賞作 | トップページ | 何か急に秋めいて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリジナル地ビール「モトスミ・ブレーメンビアー」:

« 最も読みたくなった作品を選ぶ「神奈川本大賞」の第1回受賞作 | トップページ | 何か急に秋めいて »