« 写真展「横浜中華街の日々」 at 中華街内の爾麗(にれい)美術 | トップページ | 「ゆかた DE スカブラ」のPRってことで、かながわ信用金庫本店営業部の窓口・預金担当の女性職員9人が浴衣姿で仕事にて! »

7月 24, 2014

大和市イベント観光協会のフィルムコミッション事業が好調

で、都心から近い立地に加え、病院、市役所、住宅地などがそろう環境が制作会社に受けてんみたいで、綾瀬市さーんとも連携して「足りないところを補い合い、ロケ候補地の幅を広げるんだと。びなは仲間に入れてくれないんですなあ。でで、「さがみの国大和フィルムコミッション」は2011年9月に設立され、以降、撮影ロケの受け入れ件数は着実に増加してんだと。たとえば、「GTO」では大和駅前の弁当店が生徒のアルバイト先の設定で、「聖母・聖美物語」では一般住宅が主人公一家の自宅の設定で使われ、市役所は警察署に、下水処理場はアクションシーンの舞台として人気なんだって。が、大和市さーんは田園風景や工業団地などが少なかったんですけど、ちょうど田園風景や工業団地が広がる隣の綾瀬市さーんが4月から「綾瀬ロケーションサービス」を発足させたんで連携することにしたんだと。びなには、加えて人気アイ「とり」のさくらっちがいるんですけどなあ。

|

« 写真展「横浜中華街の日々」 at 中華街内の爾麗(にれい)美術 | トップページ | 「ゆかた DE スカブラ」のPRってことで、かながわ信用金庫本店営業部の窓口・預金担当の女性職員9人が浴衣姿で仕事にて! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大和市イベント観光協会のフィルムコミッション事業が好調:

« 写真展「横浜中華街の日々」 at 中華街内の爾麗(にれい)美術 | トップページ | 「ゆかた DE スカブラ」のPRってことで、かながわ信用金庫本店営業部の窓口・預金担当の女性職員9人が浴衣姿で仕事にて! »