« 「みこしコラボレーションinイセザキ」 | トップページ | おやおや? »

7月 01, 2014

50年前の東京五輪開催時に設けたホテルニューグランド屋上の看板ネオンが復活

でもって、ホテルの立つ山下公園に面した場所は現在、屋上看板の設置は認められていないってことなんですけど、特例として規制前からある文字看板の存続とともに、ネオンが復活するようで、早ければ今秋にも港ヨコハマを代表する景観に往年の白色ネオンがともるってことですな。で、このホテル本館は1927年開業ってことで、マッカーサーやチャプリン、ベーブルースら数々の著名人が訪れ、1992年に市の歴史的建造物に指定され、2007年には経済産業省が選ぶ近代化産業遺産の認定を受けてんだと。たいしたたまげた!でで、どうやら本館屋上にある「HOTEL NEW GRAND」の文字看板はずいぶん前に設けられ、高い部分で約2.7メートル。13文字分の長さは約33.7メートルで、看板には白色のネオン管が付けられており、夜間は文字が浮かび上がってたんだと。まあ、そんなこんなで、今回、2020年の東京五輪に向け、大規模改修を行ってるってことなんで、ネオン管も復活させるんだと。やっぱりオリンピックはすごーい!

|

« 「みこしコラボレーションinイセザキ」 | トップページ | おやおや? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 50年前の東京五輪開催時に設けたホテルニューグランド屋上の看板ネオンが復活:

« 「みこしコラボレーションinイセザキ」 | トップページ | おやおや? »