« 川崎市川崎区の大師運河でタンカー同士が接触 | トップページ | 「さがみロボット産業特区」の重点プロジェクトとして開発を支援していた福祉ロボットの第1号商品 »

6月 03, 2014

箱根板橋駅の宿直勤務中だった駅員さーんが寝坊したため、始発電車の到着まで駅入り口のシャッターが閉まってまーす!

で、駅員さーんは同駅の事務所に宿泊することになっていたようなんですけど、午前5時15分までに主管する箱根湯本駅に起床の報告がなかったため、同駅から箱根板橋駅や駅員さーんの携帯電話に連絡したそうなんですけど、応答がなかったんだと。どこへ行っちゃったんだろう?でで、やむなく箱根湯本駅員さーんが同駅始発の上り電車に乗り込み、箱根板橋駅に到着した際、脇の通路を開けるとともに、乗客のみなさーんの乗り遅れがないことを確認し、定刻より1分遅れの5時37分に発車したってことで、まあ、ほぼ定刻どおりですな。ででで、当の駅員さーんはっていうと、どうやら前の日に近くの踏切で)人身事故があって、いろいろ働いて、そのあと、ついつい近くの自宅に帰ったら寝ちゃったんだって。なんか同情しますけど、気をつけてくださーい!

|

« 川崎市川崎区の大師運河でタンカー同士が接触 | トップページ | 「さがみロボット産業特区」の重点プロジェクトとして開発を支援していた福祉ロボットの第1号商品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根板橋駅の宿直勤務中だった駅員さーんが寝坊したため、始発電車の到着まで駅入り口のシャッターが閉まってまーす!:

« 川崎市川崎区の大師運河でタンカー同士が接触 | トップページ | 「さがみロボット産業特区」の重点プロジェクトとして開発を支援していた福祉ロボットの第1号商品 »