« 2014年のモンドセレクション金賞を受賞したペットボトル入りナチュラルミネラルウオーター「生田の天然水 恵水(めぐみ)」の各家庭への配送サービス販売 | トップページ | 母の日 »

5月 10, 2014

びなでは、市の野外教育施設の廃止に伴う代替策として「国際青少年センター東山荘」を運営する日本YMCA同盟さーんと優先利用に関する基本協定を締結

てなことで、どうやらこの6月から10月にかけて市内全13小学校、ってことはチェリーさんのご主人の母校の大谷小学校もですな!、が東山荘での野外教育活動プログラムに順次参加するんだと。なんかぞくぞくして面白そうなプログラムですな。で、中学生についてはっていうと、本年度、各校の判断で県内外の施設を選択するってことで、あれーぇ?でで、どうも市有施設「富士ふれあいの森」の老朽化に伴う維持管理費の増加だの、近接する富士山の噴火の危険性だのを理由に今年1月に廃止決定してたんで今回の代替策への移行によって、とにもかくにもコスト削減が図られるんだと。すばらしいい!Y、M、C,A!

|

« 2014年のモンドセレクション金賞を受賞したペットボトル入りナチュラルミネラルウオーター「生田の天然水 恵水(めぐみ)」の各家庭への配送サービス販売 | トップページ | 母の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: びなでは、市の野外教育施設の廃止に伴う代替策として「国際青少年センター東山荘」を運営する日本YMCA同盟さーんと優先利用に関する基本協定を締結:

« 2014年のモンドセレクション金賞を受賞したペットボトル入りナチュラルミネラルウオーター「生田の天然水 恵水(めぐみ)」の各家庭への配送サービス販売 | トップページ | 母の日 »