« 秦野市内で最多の分娩件数を扱う秦野赤十字病院が産婦人科医の派遣元である昭和大から本年度末での医師の引き揚げを通告 | トップページ | 「湘南国際マラソン」、9回目を迎えることしは従来の地元優先枠に加え、遠方からの参加者を増やすために「地方優先枠」を新設 »

5月 21, 2014

複数の住宅の屋根を借りて太陽光発電を行い売電する「屋根貸し」のモデル事業

で、綾瀬市内の住宅地で始めるってことのようで、現行制度で住宅用発電は余剰分しか電力会社に売電できないそうなんですけど、複数をまとめて発電出力10キロワット以上を確保することで全量買い取りが適用されるんだと。でで、住宅所有者が屋根を貸し、事業者は複数をまとめて管理して売電し、住宅所有者は売電収入の一部を賃料の形で受け取る仕組みってことなんだって。ででで、やっぱり、おきまりで、「やーね」?

|

« 秦野市内で最多の分娩件数を扱う秦野赤十字病院が産婦人科医の派遣元である昭和大から本年度末での医師の引き揚げを通告 | トップページ | 「湘南国際マラソン」、9回目を迎えることしは従来の地元優先枠に加え、遠方からの参加者を増やすために「地方優先枠」を新設 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 複数の住宅の屋根を借りて太陽光発電を行い売電する「屋根貸し」のモデル事業:

« 秦野市内で最多の分娩件数を扱う秦野赤十字病院が産婦人科医の派遣元である昭和大から本年度末での医師の引き揚げを通告 | トップページ | 「湘南国際マラソン」、9回目を迎えることしは従来の地元優先枠に加え、遠方からの参加者を増やすために「地方優先枠」を新設 »